ペンホルダーとシェークの前陣攻守、前陣攻撃は具体的にラバーを貼った戦術なので.

裏表じゃないっすか。

  1. 具体的にどういったラバー?これも曖昧な質問だが察するに、→前陣攻守や前陣攻撃に決まったラバーはない。異質は攻撃予備球を作りやすいし、裏ソフトはドライブなど回転をかけて安定してレシーブしやすい、というだけのことだ。

  2. ペンホルダーとシェークの前陣攻守、前陣攻撃は具体的にラバーを貼った戦術なのですか?変化表ラバーの中国式ペンホルダーはどういった戦型なのですか?補足訂正します。具体的にどういったラバーです。閲覧数:14回答数:2

  3. ペンホルダーとシェークの前陣攻守、前陣攻撃は具体的にラバーを貼った戦術なのですか?→そもそもラバーを貼った面で打球しなければ、原則正式な打球と認められない。→”前陣攻守ブロックやツッツキを主体に攻める”、”前陣攻撃”とは「戦型」その人の卓球の内容であり、「戦術」は得点するための具体的な過程。変化表ラバーの中国式ペンホルダーはどういった戦型なのですか?→やはりブロックやツッツキを駆使する「前陣攻守」か、スピード系や回転系と同じく「前陣速攻」になるだろう。「戦型」は自分で決めるモノではない。人が見た評価に過ぎない。だが、戦型を意識していれば、その用具に相応しいないし、自分の目指す卓球がある程度やりやすくはなる。今回は何か意図の分かりにくい質問だな。さては何をしているのか分からんようになったのか?だとしたら、今のラケットに込められた思いを振り返ってみるんだな。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト